住宅改修

高年齢者やお体の不自由な方が安心に快適な生活を送る事のできる環境の整備を福祉住環境コーディネーター2級の資格を有する相談員がお手伝いさせていただきます。

住宅改修工事

介護保険の認定を受けている方は、
下記の住宅改修が 20万円を上限として1割の自己負担で工事できます。

※必す施工前の事前申請が必要です。
※住宅改修費の給付は原則1回のみですが、転居や身体状況が大きく変化した場合等は再度給付されます。
※住宅改修工事の利用方法は市区町村により異なる場合があります。
※詳しくは、行政介護保険窓口、地域包括支援センター、又はケアマネージャーにお問い合わせください。

事前に必要な書類と介護保険で適応となる住宅改修

介護保険制度の概念図

ページの先頭へ